十二神将とは | 新井薬師・新井薬師・新井薬師前駅・眼病平癒・厄除け・お守り・梅照院(ばいしょういん)東京都中野区、真言宗豊山派の寺院です。

十二神将とは 十二神将とは、薬師如来の世界とそれを信仰する人々を守る大将です

薬師如来について

薬師如来という仏様は、人々を苦しみから救い出したいと「十二大願」 を立てて、 苦行に励まれました。その苦行によって、全ての衆生を無明の病疾から救い出すことができる仏となられました。

病や苦悩を癒すことにすぐれている薬師如来は「医王」とも呼ばれ、阿弥陀如来の西方極楽浄土と対をなす東方浄瑠璃という浄土に住され、現世での肉体的な病苦のみならず、来世にまで福徳・利楽を与えて下さるのです。
この「十二大願」が成就してしまうと困る者もおりました。人々を惑わし苦しめる多くの魔障たちは、薬師如来の願いが成就せぬように多くの妨害を企てます。この時、薬師如来を守護するため、魔障たちと戦った十二体の善神がおりました。この善神たちを「十二神將」といいます。

例えるなら、東方浄瑠璃という浄土は、優秀な医師がおり、多くの設備が完全に整った素晴らしい大病院であり、薬師如来はその院長といえるでしょう。その病院の建設を助け、院長を守ることは人々を救う事にも繋がります。(写真は本尊御前立)

十二神將について

十二神將は、各々が七千もの眷属神という将兵を随える大将として、薬師如来を中央として十二の方位に陣を張り、いつ何時攻め入るか分からない魔障たちから守り続けているのです。総勢八万四千という大軍を率いなければならぬ程の厳しい戦いにあり、常に命を懸けて薬師如来と信仰する人々を守護する十二神將たちは、当然の事ながら大変険しいお姿をされております。しかしながら、その本当のお姿は、薬師如来の願いを無事に成就させたいと心から願う十二体の仏がお姿を変え、十二神將として影となって助けているのです。しかもこの仏たちは、大日如来や阿弥陀如来をはじめとする、私たちにとっても馴染みの深い仏様たちなのです。