梅照院の由来 | 新井薬師・新井薬師・新井薬師前駅・眼病平癒・厄除け・お守り・梅照院(ばいしょういん)東京都中野区、真言宗豊山派の寺院です。

梅照院の由来 当院は新井山梅照院と号し、通称新井薬師として信仰されています。

梅照院の由来

鎌倉末期に一人の沙門(僧)が、行脚の途中に訪れた新井の里にて、緑豊か、水豊か、心豊かな人々に感銘を受け、草庵を結びました。清水の湧き出る新井の地で草庵は沙門と共にひっそりと佇んでおりました。
ある時から、夜毎、草庵のある地の梅の古木が光り輝く現象が起こりました。怪訝に思った新井の地の郷士と沙門により梅の古木を調べると、二仏一体のご尊像が梅の古木の中より現れました。天正14年(1586年)3月21日の出来事です。
その後、ご尊像を祀るため御堂を建立したのが梅照院のはじまりです。

不思議な出来事とともに出現したご尊像(梅照院ご本尊・二仏一体の薬師如来・如意輪観音)の世間の評判は、江戸幕府二代将軍秀忠公の耳にも届きました。秀忠公の第五子・和子の方(後の東福門院)が重篤な眼病を患い、祈願のためこの地を訪れます。この地の清水に触れ、祈願をしたところ、眼病が寛解しました。東福門院和子に奇跡が起きたことから「目の薬師」と呼ばれるようになります。
当院第五世玄鏡が如来の啓示を受け、優れた小児薬を調合しました。多くの子供たちを救ったことから「子育て薬師」として呼ばれるようになります。
この二つの記録文学から「目の薬師」「子育て薬師」として今日まで篤く信仰されております。

梅照院のご本尊

●ご本尊
梅照院(ばいしょういん)のご本尊は薬師如来と如意輪観音の二仏一体のご尊像です。
国内でも非常に稀なご尊像となります。ご尊像は秘仏である為、御開帳は寅年に限り行われます。

薬師如来について

薬師如来という仏様は、人々を苦しみから救い出したいと「十二大願」 を立てて、 苦行に励まれました。その苦行によって、全ての衆生を無明の病疾から救い出すことができる仏となられました。

病や苦悩を癒すことにすぐれている薬師如来は「医王」とも呼ばれ、阿弥陀如来の西方極楽浄土と対をなす東方浄瑠璃という浄土に住され、現世での肉体的な病苦のみならず、来世にまで福徳・利楽を与えて下さるのです。
この「十二大願」が成就してしまうと困る者もおりました。人々を惑わし苦しめる多くの魔障たちは、薬師如来の願いが成就せぬように多くの妨害を企てます。この時、薬師如来を守護するため、魔障たちと戦った十二体の善神がおりました。この善神たちを「十二神將」といいます。

例えるなら、東方浄瑠璃という浄土は、優秀な医師がおり、多くの設備が完全に整った素晴らしい大病院であり、薬師如来はその院長といえるでしょう。その病院の建設を助け、院長を守ることは人々を救う事にも繋がります。(写真は本尊御前立)

十二神將について

如意輪観音について

仏教には執着や欲望など煩悩の苦しみから逃れられない六つの世界、六道について説かれており、生前の行いなどによってどの世界に生まれ変わるか決まるとされております。この六道の輪廻から抜け出すことが仏教における目標でもあります。
如意輪観音にはそれぞれの世界で苦しむ人々を救うために六本の腕があります。そして、その手には名前の由来でもある如意宝珠と、法輪をお持ちです。
智慧や財宝、福徳をもたらす如意宝珠と、煩悩を打ち砕く法輪で人々の苦しみを取り除き幸せに導いてくれます。頬杖をついているお姿は、多くの人々を救うために常に思案されておられるのです。

お願い地蔵

お地蔵さまは街中や路傍で道祖神としても見かける大変親しみのある仏さまです。人々と共存して垣根を作らない地蔵菩薩は、我々をお守り下さる仏様と頼られ、特に子供たちを助けてくれる存在として篤く信仰されます。
我々の願いや悩みは無数にあります。信心をもってお祀りいただければ、あなたの願いにお応えになって下さるでしょう。


●お願い地蔵和癒札
我々の様々な願いを一身にお受けになるお願い地蔵尊。
ご自身の願いを祈願する際には、お地蔵さまにもお和み頂く思いを込めて、濡らした和癒札でやさしくお撫でください。

和癒札は札所にご用意しております。
使用した和癒札は和癒札箱へお納めください。

※ 現在の感染症拡大をうけて、当面、和癒札の用意は控えさせていただきます。

新井の清水について

当院の井戸水はお持ち帰りをお断りしています。

●白龍権現水
「白龍嘔げ噴くもの落ちた地に寶零れる」と伝えられ、今日も篤く信仰されている。