梅照院の紹介 | 新井薬師・新井薬師・新井薬師前駅・眼病平癒・厄除け・お守り・梅照院(ばいしょういん)東京都中野区、真言宗豊山派の寺院です。

梅照院の紹介 当院は新井山梅照院と号し、通称新井薬師として信仰されています。

梅照院のご本尊

梅照院(ばいしょういん)のご本尊は、薬師如来(表側)と如意輪観音(裏側)の二仏一体で、高さ一寸六分(約5.5㎝)のご尊像です。
鎌倉時代に活躍した武将、新田家ゆかりの守護仏であったと伝えられております。

寺伝によると、鎌倉末期、相模国(神奈川県)から行春(ぎょうしゅん)という沙門(僧)が新井の里を訪れます。清水の湧き出るこの地こそ、真言密教の修行道場にふさわしいと感じて草庵を結びました。
この草庵は、徳川初期頃になると廃寺同然の荒れ果て様でありましたが、庭に植わる梅の古木が夜毎に光るという現象が起こり、天正14年3月21日、梅の木を調べると薬師如来が現れました。
中野郷新井の郷士であり、元新田義興の臣 窪寺某が太田金山城に祀られていた尊像であることを確認し、薬師堂を建立したのが梅照院のはじまりです。

不思議な出来事とともに出現した薬師如来は、二代将軍秀忠公の第五子 和子の方(東福門院)が、患った悪質な眼病を祈願して快癒したことから「目の薬師」、また、第五世玄鏡が如来の啓示によって秀れた小児薬を調整したことから「子育て薬師」として、今日まで篤く信仰されております。

御開帳

二仏一体の梅照院ご本尊は秘仏の為、御開帳は寅年に限り行われます。(写真は本尊御前立)